2018年5月25日金曜日

MRIインターナショナルが販売していた投資商品の税金が還付されているようだ

おはよう!こんにちは!こんばんわ!
笑顔は大事!

MRIインターナショナルのMARS商品オプションBで投資をして納めた税金が戻ってきたようだ。
所得が減額されるから健康保険など地方税の還付もあったようだよ。

まぁだけど良かったね^^

2013年4月に事件発覚後から思っていたが、オプションBの証券は、3年又は5年後の満期時に、元本と配当を一括で受け取る商品であったが、実際に配当を貰わずに、毎年配当があったとみなして税金を納めていた。
2013年4月には、MRIインターナショナルが事実上運用できなくなり、元本と配当を満期に受けとる事はできないので、みなしで支払った税金を返すのが当たり前だと思っていた。

この件を、当時、地元税務署、国税局、国税庁顧問税理士に相談をしたのだが【還ってきた事例もないし、還るわけないだろ】と門前払いをされた。
弁護団に至っては、税金の件は我々の仕事ではないと、バッサリと切られた。

2013年4月末、被害者の会のホームページを公開して携帯とFAXを被害者の会用に契約をした。
ここから、全国の被害者とコンタクトをとれるようになった。オプションBで投資をしていた被害者から【税務署の職員が、MRIの商品は確実に利益が入る商品だから、配当を受け取っていなくても毎年税金を支払ってください】と全国津々浦々の被害者が同じ事をいっていた。
つまり、国税庁がそういう指導で徴税を行ったのかと考えた。だけど、国税庁が投資商品に対して確実に利益があるからというのは、大問題のような気がするんだけどね。

国税庁には毎月一回、カンファレンスをしながら、突然2013年末頃に、担当者からこの件は被害弁護団と話し合う事になりましたとアナウンスがあった。

弁護団がパイロットケースで税金裁判の勝訴判決を貰って、判決文を添えて、財務省、国税庁、総務省(地方税の管轄は総務省)に全国の被害者の署名を持って届けた。

今でも、覚えているのが、1省2庁を何千枚とある署名をもって歩くのは非常に大変であった。旅行用のカバンで署名を持参したが、重さでとってが引きちぎれたりと大変な思いをした。

まぁ、だけど良かったよ。当時の税金の返還が無ければ、当時の税務署職員と被害者のやり取りの録音を公開するところだった。

MRIインターナショナル裁判で国内で民事裁判が可能となった時の走り書きメモ

二重起訴の禁止とは
民法142条(重複の訴えの提起の禁止)
既に、係属している事件と同一の事件については、さらに訴えを提起する事が禁じられる事を言う。
『二重起訴禁止の趣旨』
1.同一に事件について複数の訴訟に応訴しなければならなくなる【被告の負担】をなくす事
2.別の訴訟手続きで重複審理するという【無駄の防止】
3.複数の【判決が互いに矛盾するおそれを回避】すること
『二重起訴にあたるかは、事件の同一性によって判断される』
事件の同一性は、【当事者の同一性】と【審判対象の同一性】の二つの要素で判断される。
①【当事者の同一性】
原告・被告の一方が異なれば同一性は否定され二重起訴にはあたらない。だだし、前訴と後訴で原告と被告が入れ替わっているにすぎない場合は当事者の同一性が認められる。
②【審判対象の同一性】
訴訟物たる権利関係が同一であれば、同一性が認められる。
AがBに対して『貸金請求』をする。反対にBがAに対して『債務不存在』の訴えを提起。訴訟物は異なるがABの権利関係は同一性が認められ二重起訴になる。

■MRIの事件に置き換えた場合。
●同一に事件について複数の訴訟に応訴しなければならなくなる【被告の負担】をなくす事
◆鈴木側の被告代理人のDLAパイパー法律事務所は日米に拠点があり被告の負担になるとは考えにくい。
●当事者の同一性
日米の裁判では原告は同一ではない。当事者の同一性は否定される。
クラスアクションの判決は、現段階では名前の掲載されている原告のみに影響するもので他の被害者には影響がない事からも同一性の否定はされる。
●審判対象の同一性
米国での原告の請願では、
3.被告の不法行為の結果により原告とクラスが被った損害額の賠償
4.被告の詐欺行為による全ての不正利得の返還
としている。
日本では、出資金返還訴訟なので訴訟物としては同一ではない?と考えられる。出資金返還訴訟では、審判対象の同一性は否定される。
※あくまで素人の考えとメモ程度です。
(当事者・訴訟物も同一ではないので日本で裁判する事は問題ないじゃんという事でしょう)

2018年5月8日火曜日

オカルト掲示板への返信1

■赤色太字は俺のレス

被害回復提案 阻害行為の疑義2 (Res:6) All First100 Last50 SubjectList ReLoad ▲6▼
1 :ドクターX :2017/04/22(土) 12:26:49
http://bwkng.bbs.fc2.com/

上記にも過去内容がされています。
ご参照ください。

=============================
被害者から被害者団活動に不満爆発。「もう二度と被害者団と関わりたくない。」とのコメントが増えている。
■頭のおかしい奴に関わりたくないのはこっちだよ。

しかし、2017年末の銀行訴訟時効が刻々とやってきている。諦めたらその時点で終わりだ。
本来、被害者団と弁護団とが協力する姿勢は評価できる。だが、なぜか被害者団への不満は噴出するばかり。非効率で無駄に過ぎていく時間の使い方など、解決の糸口すらないのか。
■解決したいなら自分で組織して作れよ。非効率で無駄だと思うならご自分でお作りください。

様々な、問題状況を関係筋から頂き整理すると、問題根源は今の被害者団(実態はMRI金融被害に関する勉強会」)にあり、次の4点の可及的速やかな改善を求める。

1)被害団実態は(実態はMRI金融被害に関する勉強会」)と関わりたくないと不平不満が増えている、その原因は執行部事務局に有る。
(根拠理由説明)
「 被害者団執行部の一部には必ず個人攻撃をする人がいて、連絡網がメーリングリストの時代になってから、関係ない人までメールを送りつけられトラブルに巻き込まれることがよくあった。」
■連絡網は当初からメーリングリストだけどな。
「聞いてもいない人の悪口や噂(うわさ)話がよくメールでまわってきました。」
■メールの履歴は全てとってあるが、そんなメールはないぞ。
「特定の個人を誹謗(ひぼう)中傷する長文メールを、関係者だけでなくわざと間違ったフリして本人に送りつけたりする。」
■こういう類のメールもないのだが^^
 上記を読んで気になるのは、現場の渦中(被害者団)にいる人たちの心理状態だ。
■なら、やめればよい。  
2)事務局長の退任要求
根拠理由説明
今の被害者団幹部体制は、本来一部退任していただかなければならない方が、存在しますよ。そのほうが多くの被害者のためになります。」
現状被害者団の運営状態が正常なら問題ない、被害者には迷惑になることは無いだろう。  人間関係のトラブルや会費の使い方に関する次のような不満の声もあがっている。
「逆らうものはいじめ抜きます。脅威を感じる被害者に対しては、ミスを見つけ次第つるし上げ、ヤンキーの世界顔負け」(匿名)
■ミスを吊るし上げてイジメるという非効率なやり方はしないよ。無視するだけだ。
反対の意見を言われてもしっかり聞く姿勢も示したし、間違っていた事は認めたと思うけどな。
「やっていない人への陰口がひどく、気が滅入(めい)った。罰ゲームかと思った」(匿名)、
■やっていない人の陰口なんて言ってもないよ。相手にしないだけ。
「説明会イコール必ず飲み会。説明報告も何がおいしかったとかの内容が多かった」(匿名) 
■飲み会を強要したことなんてないけどな。それに、何が美味しいって話もした覚えもないが。
ま、所詮、匿名で書いているから書いた本人の創作なんだろうけど、名誉棄損じゃね?(笑)どうでも良いわw

現在執行部在籍幹部の一部に問題があるのだ。即刻該当者は退任すべきだ。被害者ではないものが、重要審議案件の議論に関わるべきでない。

3)寄付金と残された時間の有効活用
根拠理由説明
 1)2)の多くの鬱屈(うっくつ)や怨嗟(えんさ)の声があるにもかかわらず、何年も変わることなく存続してきた。民主主義が存在しない組織運営方法を変えない限り、一被害者として、今回詐欺被害回復の糸口は見出せ無いと考える。
現在、不在の被害者団長は着任時には、上記被害者団問題点を速やかに解決し、残された時間と被害者からの寄付金を、有効に活用頂きたい。
■鬱屈とか怨嗟やら、もう少し簡単な表現をすればよく伝わると思うんだが、、、、だから嫌なら自分で組織しろ。

4)後任被害者団長の責任性追及(無責任に団長を受けないで欲しい)
■無責任に被害者団団長を受け辞めて、着信拒否までして逃げて、被害者団の各種手続きなど安仲健二名義になっていたので、経理や私がどれだけ苦労をしたのか想像もつかないのだろうな。
根拠理由説明)
後任被害者団長は、自ら今の被害者団で有効活用出来ない判断をされるなら、被害回復のため有効な活動組織が有れば、寄付金等、可及的速やかに権限譲渡され「被害者が被害回復期待」出来る活動支援を選択すべきだ。その選択を取る方が、多くの今回詐欺被害者のためになる。
このまま、国内裁判が終わり、SEC勝訴分と足しても、ここから何もしなければ、弁護士依頼した実費のリターン数万程度円+α円(頭割換算)が推測されている。(ドル円為替により不確定要素有り。円高になればリターンがなると理解ください。)
繰り返すが、銀行訴訟時効は2017年末にやってくる。残された時間は既に1年を切っている。諦めたら終わりだ。
■掲示板で文句を言うくらいなら、自分で動けと思いますよ。

============================
http://bwkng.bbs.fc2.com/

上記にも過去内容がされています。
ご参照ください。 

MRI【元】被害者団団長安仲(やすなか)について1

こんにちは。こんばんわ。笑顔が大事^^
皆様、お元気でしょうか。

さて、くそみそにある事ない事言われているね。僕って奴は。。。

ネットの表面上だけのソースを見て、あーでもない、こーでもないと
言ってアホかとバカかとね。

まぁ、このサイトの運営主は【企業では】が口癖の安仲健二という山口県光市にいる人でMRI被害者団の団長なんてのをやって【いた】んだよね。

この安仲という人物と接触をしたのは、メールの履歴を見ると2013年のお4月下旬ころ
だった気がする。
ポール武蔵鈴木の事をポール牧と書いていた、変な人だったね。

オカルト掲示板では、COというハンドルネームで活動をしているようだ。

さて、言いたい放題言われているのでレスポンスでもしてやるか。
赤字は俺のレス

-------------------------------------------------------------------------------------------
ドクターX :2017/04/22(土) 12:14:05
http://bwkng.bbs.fc2.com/

上記にも過去内容がされています。
ご参照ください。

===========================
下記は、ある筋から得た事実に基づく情報である。

MRI被害者団の代表が突然に辞任したので、急きょメール会議が実施されている。
■辞任しようがしまいが、いつもメーリングリストで話し合いや情報供給はしているのだがね。

所属人数は20人程度の被害者が集まり、事務局主催で某弁護士監査の元行われている。
■20人じゃないよ。30人以上いるよ。事務局主催???どこの事務局だよ?
弁護士は監査なんかしてない。
以下の打ち合わせは、2016年末になされていたそうだ。
その時には、旧被害者団長は既に退団されいた。
■突然、体調が悪くなっただの、ヘタレな事を言って辞めたんだろ。

「某氏からの提案は、現状のままでは納得できない。弁護団がレッドフラッグが無いから、銀行裁判は現時点で難しいというなら、私たちで見つける方法を探しましょう。」といった内容提案であった。
■某氏とは、福岡在住のOという女な

「残っている被害者団の寄付金をネット広告等を打ち、ウェルズファーゴ銀行職員解雇者の中から情報が上がるのを期待」提案する内容であった。
ところが、提案者に対し主催者側からは、「到底書けない内容で、冷酷却下がされた。」との内容であった。
■主催者が誰かは知るところではないが、メーリングリストに参加をしている人間からは無謀すぎるという反応だっただろ。簡易的に、見積もりをしたら、数百万円になるし、予算を超えているから無理と言っただけなんだがな。
却下なんかしていないし、俺からは予算の範囲でできる内容で代案を考えて発言をしたんだけどな。冷酷却下なんてしてないぞ。

この情報を報告頂き何点かの疑問がある。

1)被害回復を目的に提案したのになぜ、その提案がダメなのか。
銀行相手裁判が一番大事だ。

■予算オーバーで現実味がない。GoogleやYahooに広告を出す費用はもとより、情報の受け入れ先を米国の弁護士にするときたもんだ。弁護士の費用はどうするのか、翻訳費用はどうするのか、誰が責任者になって行動するのか、考えれば沢山の問題が出てくる。その辺りも全く考えていない。被害者団の名前で活動するのは反対はしない、やるなら自腹であんたの責任でやってくれと言っただけだがな。

2)そもそも、被害者団は被害者の集まり、被害者に決定権があるはずだ。
 主催者は、本事件に投資しいないと過去の記述に有る。
株主総会に例えれば株主でないものが、株主総会に出席し重要審議事項の可否を決めている。

■嫌なら辞めろ。自分で組織しろ。

3)本件審議主催者は、審議時点で投資案件の生前贈与を親族より受けていたのか。

■生前贈与なんてされてもねーよ。こんな怪しいもの贈与されたら速攻で売却だ。

4)2、3の条件どちらかの条件が、もれていたのであれば監査していた弁護団は、問題は無いと認めていたのか。
■だから、弁護団は監査なんてしてねーよ。

被害回復の「車の両輪」とは何を意味していたのか知りたい。
■俺みたいなバカが見てもバカだと思う人と一緒に走れるわけねーだろ。

上記は、重要な事実であり、局面打開を図る提案のように思う。
何故、その提案を被害者団が拒絶したか、被害者からして理解しがたい。
■もう分かったろ?

以上

=============================

http://bwkng.bbs.fc2.com/

下記にも過去内容がされています。
ご参照ください。 

---------------------------------------------------------------------------------------

とりあえず、ここまで次号に続く

2018年1月10日水曜日

新年のご挨拶

(写真はVIMOより)
2018年あけましておめでとうございます。
今年は皆様と和解できる予定でございます。これで晴れて、お日様の下を堂々と歩き、新しい詐欺を始める年になりそうです。
詐欺元年!改めてMRIでお世話になった皆様の事を頼りにしておりますので、よろしくお願い申し上げます。次は絶対儲かります!

東京都港区芝4-16
ポール武蔵鈴木 

さて、ポールさんからの新年のあいさつを当ブログに頂き大変感謝です。

メルマガでご報告させて頂きましたが、改めて皆様新年よろしくお願い申し上げます。
メルマガの情報は、外にださないという取り決めがありますが、執筆者本人が認めた場合は可能としたいですね。という事で、本人だし鈴木順造の証人尋問の様子を転記しようかと思います。



2017年12月24日日曜日

MRI事件と税理士法人アークアンドパートナーズ

MRIインターナショナル事件について雑感などを箇条書きで。。。



(写真はアークアンドパートナーズ代表内藤税理士)
アークアンドパートナーズMRIインターナショナルの投資勧誘セミナー
で以下のように顧客らを勧誘したらしい。
『MRIインターナショナルの商品は間違いないですよ。』
代表内藤克税理士、福原英俊税理士

後に、1365億円8700人の詐欺被害者を出し、自殺者まで出した事件。
とても、優秀な税理士で投資アドバイザーとして尊敬しております。
投資詐欺でもするなら是非お取引をさせていただきたい。

アークアンドパートナーズは、詐欺会社MRIインターナショナル側につきセミナーである程度の金額の出資者に節税の為に法人化を進めていたらしい。
うーん、法人の運用も知らない素人に法人化を進めるのも何とも言えない気持にさせられる。
投資に対して明るいアークアンドパートナーズの内藤氏はじめ従業員は、被害者をもてあそんで陥れる事に何らかの喜びを感じていたのだろうか。

■さぁその、MRIインターナショナル投資詐欺事件で深く関わった、アークアンドパートナーズ(代表:内藤克)が、MRIインターナショナル事件とアークアンドパートナーズの事件を絡み合わせて書いたブログを、態々、ある弁護士事務所(MRI被害弁護団とは関係はない)を通じて削除依頼をしてきたそうだ。
ブログ主は仕事で忙しく長期間放置していた為、記事は削除され後に知ったらしい。。

■削除依頼を出すという事は、内藤克氏またはアークアンドパートナーズは相当にまずい事でもしたのだろうか。
記事が出鱈目な内容であれば、放置をしておいても問題もないが、態々、弁護士を通じて削除依頼を出したのは何かしら痛いところを突かれたのだそうか。
アークアンドパートナーズ代表内藤氏はじめ税理士福原氏従業員一同は、喜んでMRIインターナショナルのMARS投資を顧客に勧めて自らも投資をしていたらしいが本当だろうか。

■ある情報によると、MRIインターナショナルの投資商品を紹介して顧客を増やせば、キックバックがあったらしいので、よくに駆られて紹介をしたのではないだろうか。

アークアンドパートナーズ(代表:内藤克)は、多くのMRI投資詐欺の被害者がセミナーで会って名刺交換から密接に接触をしている。また、とある従業員からタレコミ(私に直接会って話した)から、MRIインターナショナルの幹部またはそれに近い人物と関わっている事は間違いないだろう。

アークアンドパートナーズと投資詐欺をしたMRIインターナショナルは
内藤自身(アークアンドパートナーズに所属する福原税理士以下)もこんな稚拙な詐欺事件に騙されたのらしい。
一般的な税理士であれば投資案件に接するのは一般人より多いだろう。

■プロフェッショナルとしての自覚、付加価値の高いサービスは老後の人生全てを崩壊させる投資商品を紹介することなのだろうか。

■MRIインターナショナルとの関りは、おそらく破綻した2013年から数えて10年以上の付き合いがあるそうだ。(読者情報)MRIインターナショナルでの第二種登録をする為に決算書の作成をしたり(鈴木順造被告が法廷で証言)MRI主催の投資勧誘セミナーでMRIの商品を『間違いのない商品です』と勧誘された(被害者情報)との事。
2008年より以前のハワイでのセミナーでは、税理士のアドバイスもあったと、MRIが発行しているニュースレターで語っている。おそらくアークアンドパートナーズ所属の税理士ではないかと思う。

MRIインターナショナルの勧誘セミナーで、アークアンドパートナーズが税金相談会を行うと告知する文書。
資料元https://docs.google.com/viewer?a=v&pid=sites&srcid=ZGVmYXVsdGRvbWFpbnxtcmloaWdhaXNoYXxneDoyYzA2YjkzMjkwMmYxNDlm

2017年12月17日日曜日

MRIインターナショナル事件鈴木順造らと一括和解

12月12日テレビ東京のニュース
************************************************
http://www.tv-tokyo.co.jp/mv/wbs/news/post_146026/

1,300億円の資金が消えた投資事件の裁判が日米一括で和解します。
日本の顧客およそ8,700人から1,300億円以上を集めて破綻した「MRIインターナショナル」を
めぐり顧客が損害賠償を求めて、日本支店の鈴木順造代表らを日本とアメリカで訴えた裁判。
テレビ東京の取材で顧客側と鈴木代表らの双方が、日米の裁判を一括して和解する契約書にサインしアメリカの裁判所に提出したことがわかりました。
鈴木代表は日本の顧客から資金を集めた手数料として、およそ70億円を受け取ったとされていますが、
和解にあたってハワイのコンドミニアムや預金などを処分して15億円程度をアメリカの裁判の和解金に充てます。
また日本の裁判の原告にもおよそ2億7,000万円を支払います。
和解条件が満たされたと裁判所が判断すれば来年夏にも和解が成立します。
************************************************

12月初旬に発行された弁護団通信15号には既にこのニュースが予見されるような内容で掲載され、(鈴木順造、中町啓子、ポール武蔵鈴木とは明記せず、他の被告との決着としている)【一括和解】という内容で記されている。和解を検討するのは、被害者の回収金額を極大化するためという理由。


個人的には、そういう選択もありなのかと思う。
(私は被害者でもなんでも無いからそのように思うのかも)
被害者の中には、70.80代の老人は沢山いて明日の食事にも困っている人がいるのが現実。
判決まで争うと、日本の控訴審の第一回目が2018年の春位にスタートして、控訴審で結論が出るのが1年。そこから、高裁で争って2年位(勝手な予想)掛かるとなると3年も要する。クラスアクションはどうなのか分からないが、時間的なコストなどを考えると、この辺りで落としどころを付けないと一円にもならないしね。
弁護団も慈善事業ではなくビジネスでやっているから仕方ないと思います。

事件が起きた時に被害者の人らに、依頼をすれば被害弁護団が回収もしていないお金を被害弁護団に10%取られますよ。弁護団に委任しなければレシーバーが回収した金額は弁護団に10%中抜きされずに届きますよと、伝えたが『それ位なら払ってもよい』との事だった。
どうせ、後になって怒るに決まっているんだからよく考えてねと言ったものの全然話を聞かない。
ってか、MRIの被害者とは全国津々浦々と話をしたが、話を最後まで聞かない人が多すぎる。そういう人に限って例のオカルト掲示板でまた騒いでいる。契約書に全部今回の内容は書いてあるしお任せするとなっているではないか。弁護団は別に被害者を騙してもいないし契約書に書かれている内容を忠実に守ってるけどね。

まぁ、弁護団がSECと接触しているのは事実だし、情報提供したのも事実カモ?しれないしね。後は、請求管理人への債権届出も依頼者はしなくても良いみたいなので、そういう働きで10%と思えば納得じゃないでしょうか。(他人事みたいでスマン)

ふぁ~日本は寒い。みかんとコタツが恋しい